住宅 耐震診断・補強

◇ 耐震診断・補強の流れ

耐震診断 ▶ 補強設計 ▶ 補強工事 のステップからなります。

耐震診断 ・  ・  ・

 1. 問合せ・相談・現地調査
問合せ:ご自宅の耐震性能に不安がある方はお問合せ下さい。
(‘簡易診断’を行いたい と、お伝え下さい)
相 談: 弊社の経験豊富な建築士が伺います。
調 査: 改めて現地調査を致します。建築士2名で伺います。
~土地の状況・基礎・壁・窓回り・屋根裏・点検口・平面図の照合・湿気の状況などを確認致します~
 2. 簡易診断・報告
 現地調査を元に簡易診断を行い、報告に伺います。
耐震性能が低いと判定された場合、補強設計に進むことをおすすめします。

補強設計 ・  ・  ・

  1. 精密(一般)診断・補強設計
精密診断:「1.耐震診断」でより更に精密な診断を行います。
補強設計:診断から、どの程度の補強が必要か、どの様な方法があるか等説明し、補強案を提示します。
~弊社では、【工事コスト・居住環境・耐震性能】のバランスを大切に、補強設計を行います。


補強工事 ・  ・  ・

1. 施工業者の選定
ご関係の工事業者がいる場合は、直接お伝えください。
弊社設計での実績ある施工業者をご紹介することもできます。
2. 工事・監理
工事着工後は、設計者である建築士が監理者として工事内容や施工品質の確認・指導をします。

 

 



◇ 診断対象

・旧耐震基準(昭和56年以前)による建物について、耐震診断をおすすめします。
~各自治体から補助金が出ています。交付件数が定められ先着順になりますので、補助金を利用してのご検討の方は、お早めにご確認下さい。~

・新耐震基準(昭和56年以降)の建物でもご不安がある方は、お気軽にご相談下さい。

・木造住宅(事務所・店舗併用住宅を含む)で、かつ在来軸組工法・枠組壁工法(ツーバイフォー工法)で建てられたものが対象です。

・鉄筋コンクリート造(RC造)、鉄骨造(S造)、他 混構造の住宅についてもご相談下さい。

 



◇ 診断方法

・診断には上記のとおり「簡易診断」と「精密(一般)診断」があります。
・診断方法は、地盤・基礎・壁の強さ・壁の配置バランス・柱梁等の接合部の状況・建物の重量・劣化状況等の要素を総合的に評価し、(財)日本建築防災協会による耐震性能の基準値を上回れば耐震性能あり、下回れば耐震性能なしと判定し、耐震性能 が基準に満たない場合は、補強設計により補強方法・補強箇所等の検討をおこない、耐震性能の向上を図ります。

 


 

◇ 補強事例  ~弊社で行っている補強方法をご紹介します~

 

基礎補強
基礎にひび割れが入り、雨水等が侵入すると、鉄筋が錆び基礎の強度が落ちます。この場合はひび割れ 部分を埋め、鉄筋の劣化を抑えます。
また鉄筋の入っていない基礎で、ひび割れや大きな割れがある場合は、鉄筋の入った基礎を増し打ちする等して既存の基礎を補強をします。
下図は弊社オリジナルの基礎補強方法です、現在では広く普及しており実績のある補強方法となりました。

土台・柱・梁・筋かい接合部の補強(壁の補強)
建物が地震を受けて揺れると、柱・梁の接合部や柱・土台の接合部が外れて、建物が倒壊する可能性があります。そこで接合部が外れないように、専用の金物で固定します。また強度の弱い壁は筋かい入れて補強する、開口部(窓等)が多く壁が少ない面には、新しく壁を作るなどして耐震性能の向上を図ります。


屋根の補強
重量のある瓦等の屋根は、揺れを受けると屋根重量があるほど、振り子のように大きく揺れ、家屋が倒壊
する恐れがあります。建物をスレート葺き・金属葺き等とし、軽い建物とすることで耐震性能は向上します。


 

◇ 担当設計士

 
中西秀治                新井研多

 

Copyright (C) 2011-2015 IWATA-PLAN All Rights Reserved.